概要
概要
昨今では、いろいろなアプリケーションがネットワーク経由で多くの人に利用されています。その上で、ネットワークを効率よく利用することや…
必要とされている理由
必要とされている理由
現在、ネットワーク上には管理者が認識している以上に、多くのトラフィックが流れています。「この中からどのトラフィックを優先して送出するか」…

円滑な業務を行う為に

例を挙げると、例えばパソコンなどを使用し検索webサイトを参照したとします。
この場合、ネットワークがある程度混雑している場合でも、少し時間をかければページはしっかり表示されます。
何らかの障害で表示がされなかったとしても、再度参照を行えば表示されることがほとんどだです。
しかし、IP電話やTV会議システムなどでは、そのようなことができません。…

特性

また、QoSがない場合、ネットワークがどうなるかをルータの処理を例に説明します。
デフォルトの設定では、パケットの処理をFIFO(First in First Out)sw処理させるのが一般的です。
そのため、行列に先に入ってきたパケットから優先的に処理されて送出されていきます。…

導入について

■QoSの導入
基本的にQoSの機能は、スイッチやルータ、帯域制御装置に搭載されており、その中のどれかを導入することにより実現するのが一般的とされています。
構成としては、センターサイトと各拠点が津スインを行うようなハブ&スポーク型のネットワークの場合だと、センター側に帯域制御装置、リモート側にルータを設置し、これらのQoS機能を利用していく、という方法が一般的です。…

機能面

■QoSの機能面
ルータやスイッチなどのQoSの一般的な機能を説明します。
QoS機能には、主に「パケット認識」、「優先制御」、「帯域制御」などがあります。
その中で重要なのは優先制御の機能です。…